記事リスト

体にいい食材

ご飯

茶色食材の効果

白い食材よりも茶色い食材のほうが、栄養価が高いと言われています。その代表的なものが玄米です。白米よりも玄米のほうが健康にはよいと言われています。白米は玄米を磨いたものです。白米よりも玄米のほうが、ミネラル成分が多く含まれています。またよく噛まなければいけないということがあるので、少量でも満腹感を得ることができます。少量で食事がすんでしまうので、ダイエット効果も得ることができます。よく噛むと満腹中枢も刺激されるので、食べる量を自然に減らすことができます。それも自分で意識をして食事の量を減らそうということではなく、これだけでもう満腹という状態にしてくれるので、食事制限を行わなくても自然とダイエットをすることができる、というわけです。食物繊維も豊富に含まれているため、お通じにも効果があります。特に女性は白米よりも玄米を摂取したほうがメリットは大きいです。白米よりも食べにくいのではないか、と心配をしている人もいるかもしれません。そのまま白米の代わりとして食べることに抵抗がある場合、リゾットにしたり、パエリアにしたり、ドリアにするなどそのままで食べるよりもお米の料理の際に使ってみるとよいでしょう。他の食材の影響で玄米独特の香りなどを消してくれるということがあります。色々な食べ方もあるので、自分で食べやすい方法を見つけてみるとよいでしょう。出来るだけ長く続けたほうが美容と健康には効果を期待することができます。